他メディア掲載歴

*公開順に掲載

BAMP:「どんな動機でもいい」リバ邸・片倉廉が”小さな挑戦”に伴走する理由

2020年2月3日公開

株式会社CAMPFIRE様のオウンドメディア「BAMP」にて、リバ邸立ち上げにおいての取り組みの姿勢について取材して頂きました。

「どんな動機でもいい」リバ邸・片倉廉が”小さな挑戦”に伴走する理由:クラウドファンディングメディア「BAMP」
2012年から始まった「リバ邸」プロジェクトはもはや8年目に突入。クラウドファンディング累計2,200万円の実績に迫る。

また、リバ邸関連のCAMPFIREプロジェクトは2020年1月現在で総支援額が2200万円を突破。

CAMPFIRE公式サイトのキュレーションページに過去プロジェクト一覧が公開されています。

現代の駆け込み寺 シェアハウス リバ邸
「現代の駆け込み寺 シェアハウス リバ邸」クラウドファンディング特設ページです。リバ邸は、解放集団Livertyから生まれた「現代の駆け込み寺」がコンセプトのシェアハウスです。リバ邸発のプロジェクトを掲載します。

 

認定NPO法人D×P「善意で君を助けたいって、絶対怪しい。片倉廉さんがつくる幸せな循環」

2019年11月14日公開

認定NPO法人D×P様のメディアにて、代表の片倉の原体験についてインタビューして頂きました。

善意で君を助けたいって、絶対怪しい。片倉廉さんがつくる幸せな循環-前編|認定NPO法人DxP|note
日本全国と海外で50店舗展開するシェアハウス リバ邸 。高校生を支援するNPO法人D×P(ディーピー)は、大阪で2軒のリバ邸を運営しています。 代表の片倉廉さんは、リバ邸を通じて様々な人に居場所を提供していても『いいことをしている』とは思われたくないと言います。 「善意で君を助けたいって、ぜったい怪しい。「いいこ
夜の世界で「大人って汚い」と思ってた。片倉廉さんがつくる幸せな循環 -後編|認定NPO法人DxP|note
日本全国と海外で50店舗展開するシェアハウス リバ邸 。高校生を支援するNPO法人D×P(ディーピー)は、大阪で2軒のリバ邸を運営しています。 代表の片倉廉さんは、リバ邸を通じて様々な人に居場所を提供していても『いいことをしている』とは思われたくないと言います。 「善意で君を助けたいって、ぜったい怪しい。『いいこ

 

70seedsエッセイ企画「大分で会いましょう。」

2019年10月22日公開

「大分で会いましょう。」のコンセプトをもとに、各方面で活躍する3人による「会いましょう」をそれぞれの視点からつづるエッセイ企画にて代表の片倉が執筆させて頂きました。

70seedsエッセイ企画!佐伯市のエッセイがnoteに掲載されました! | 大分で会いましょう。
「大分で会いましょう。」のコンセプトをもとに、各方面で活躍する3人による「会いましょう」をそれぞれの視点からつづるエッセイ企画を実施していただきました。 70seeds株式会社代表取締役編集長 岡山史興さん、 TETOTETO, inc代表取締役 井上豪希さん、株式会社リバ邸代表取締役 片倉廉さんの3人で大分県佐伯市を
防波堤になりたい僕が、横文字を使わないことを決めた大分の夜。|70seeds|note
こんにちは。 リバ邸の片倉です。 この度、大分県のPRプロジェクト「大分で会いましょう。」のスピンオフ企画として、メディア編集者の岡山史興さん、料理人の井上ごうきさんと大分県佐伯市で、たくさんの魅力的な人や食を取材させていただく機会をいただきました。 旅のことをエッセイに・・・と思ったのですが、そんなお洒落な感じ

 

GLOBIS知見録「家入一真が語る!「失敗しても大丈夫な場所」があるから人は起業を踏み出せる」

2019年10月16日公開

リバ邸創業者の家入が、2019年6月にグロービス東京校で開催されたG1ベンチャー2019「幸せと経営」にて登壇しました。

家入一真が語る!「失敗しても大丈夫な場所」があるから人は起業を踏み出せる | GLOBIS 知見録
「現代の駆け込み寺」と呼んでいるリバ邸を全国50か所に展開している家入氏。以前は「人は居場所があるから起業する」と思っていたが、リバ邸を展開することで「失敗しても大丈夫な場所があるから一歩(起業)に踏み出せる」と気付いたと語る。2019年6月にグ…

 

bizSPA!フレッシュ「シェアハウス・リバ邸代表者が語る「かぼちゃの馬車」再生術」

2019年7月27日公開

『週刊SPA!』編集部が運営する、20代ビジネスマン向けのニュースメディア「bizSPA!フレッシュ」にて、シェアハウスの不動産運用についてインタビューして頂きました。

シェアハウス・リバ邸代表者が語る「かぼちゃの馬車」再生術 | bizSPA!フレッシュ
 連続起業家として知られる家入一真氏が、「現代の駆け込み寺」をコンセプトに立ち上げたシェアハウス「リバ邸」。  昨年法人化し、クラウドファンディングを活用しながら100棟の展開を目指しています。一般的なシェアハウスと一線を画す運営スタイルに

 

70seeds「石を投げないコミュニティを」

2019年4月3日公開

「次の70年に何をのこす?」を掲げるメディア70seeds様にてインタビューをして頂きました。

石を投げないコミュニティを。 
人生のサブスク化は孤独への処方箋か

 

プロ無職TV「【リバ邸】月3万円で衣食住を提供!?人生のサブスク化を目指すシェアハウス」

2018年12月10日公開

元リバ邸準住民のプロ無職「るってぃ」氏に、リバ邸の取り組みについてご紹介して頂きました。

【リバ邸】月3万円で衣食住を提供!?人生のサブスク化を目指すシェアハウス

 

cotree「【生きづらさを抱える人へ】新たな生き方を見い出すきっかけとなる居場所づくり」

2017年9月5日公開

オンラインカウンセリングcotree様のメディアにて、代表の片倉がはじめて立ち上げたリバ邸茨城についてインタビューして頂きました。

【生きづらさを抱える人へ】新たな生き方を見い出すきっかけとなる居場所づくり|リバ邸茨城 代表 片倉 廉
家でも職場(学校)でもなんだか生きづらいな…という方はいませんか?そういった人々のための「新しい居場所」を作る動きが各地で出てきています。今回ご紹介するのは、茨城県坂東市の「居酒屋りばてぃ~」。“生きづらさを抱える人が気軽に駆け込める居酒…

 

logmiBiz「心が折れるくらいなら、立ち向かう必要なんてない 引きこもりだった起業家・家入一真氏が語る「逃げ」の効能」

2017年7月26日公開

リバ邸創業者の家入が「孤立した子どもをどう社会に接続するか」をテーマに開催されたトークセッションに参加。

リバ邸を立ち上げるきっかけについて、登壇の記録を掲載して頂きました。

心が折れるくらいなら、立ち向かう必要なんてない 引きこもりだった起業家・家入一真氏が語る「逃げ」の効能
貧困や虐待の連鎖を予防する仕組みづくりを行うNPO法人PIECESと株式会社CAMPFIREの提供するクラウドファンディングサービス『GoodMorning』が、孤立した子どもたちに安心できるつながりと居場所を提供することを目的に「子どもをひとりぼっちにしない」プロジェクトを開始。それに伴い、2017年3月30日にキッ

 

ビッグイシューオンライン「リバ邸は万人の場所じゃないんです」:「万人を救うこと」を巡る対話

2014年6月4日公開

リバ邸創業者の家入がビッグイシュー様での対談イベントを掲載して頂きました。

「リバ邸は万人の場所じゃないんです」:「万人を救うこと」を巡る対話 : BIG ISSUE ONLINE
<part.2を読む>居場所を変えて、家族をつくるイケダ:ありがとうございます。先ほど家入さんからリバ邸のお話がありました。個人的に興味があるのは、「皆で助け合う」という理想は確かにあるんですが、ぼくはコミュ障なのでストレスなんですよね。ぶっちゃけ、ぼくは

 

その他出演

ラジオ

  • FMヨコハマ
  • 光邦のちょうどいいラジオ
  • FM浦安
  • FMつくば

登壇歴

  • 東京シェアハウスサミット(2019)
  • 関西リバ邸サミット(2019)
  • 地方創生会議(2018)

 

企画・登壇・取材依頼について

以下のメールアドレスにご連絡をお願い致します。

livertyhouse.info@gmail.com

タイトルとURLをコピーしました